食戟のソーマ 第85話 「一口目の秘密」 感想

sykgk_85_2.jpg

両手に持てんばかり・・・いや堂島さんなら余裕!><

四輪の美しい華!(゚∀゚)

『角崎タキ』『木久知園果』がソーマの舞台に新たに登場。

園華さんはもう成人漫画に紛れ込んでいても全ッく違和感ない容姿をしておる・・・。母性を感じるその二つの大きな膨らみにぜひ飛び込みたい(`・ω・´)

堂島さん以外はみんな第二席。水原さんの世代は四宮さんが第一席だったね。 

sykgk_85_3_3.jpg

よし、いつも通りだな!

>『君のビーフシチューは優し過ぎた!』\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ 
えりな様曰く、定食屋の料理は三口目で美味しいと思わせる味付けがベストで、洋食は一口目だそう。

いつも皆一口目で電流走ってたイメージあったからあんまり考えてなかったなぁ・・・。強烈な味・・・。

優しすぎる料理を出して無様に負ける姿が見たかったえりな様ですけど、その期待を見事に裏切る創真。してやられたと、悔しそうに顔赤らめる反応がなんと可愛らしい。肉魅も嬉しそうだったね。

しかし、あの卒業生たちと同時に一目で創真の狙いに気付くとは流石といったところか?

でも、牛テール肉のビーフシチューはそんなに珍しい物じゃない気が。自分も何度か食べたことある。トロットロで美味しかった(^^)


sykgk_85_6.jpg

年齢や何かにつけてワーワー騒ぐ審査女性陣がくっちゃくちゃ微笑ましい>< それを止めようとしないで笑ってみてる堂島さんも器が大きくてカッケー身長たけー>< やっぱ今回は審査員側のメンツがキャラ立っていてイイネ!

先の説明は負けフラグの法則でドキドキしながら読み進めていたけど、すかさず美作のターン!創真のやることなどお見通しで同じ素材で同じ調理法を完璧にやり返す!なんだコイツ、やっぱかっけえぞ!

そして、ここからが美作個人のアレンジ。


sykgk_85_5.jpg

一体なんだこのデカイ肉は…(゚Д゚)

6
お気軽にコメントをどうぞ

avatar
  Subscribe  
新しい順 古い順
更新通知を受け取る »
ryo
ゲスト
ryo
えりなは相変わらずな反応だけど、創真がテール肉を使うところからあそこまで手順を読めるとは自称トップは伊達じゃないですね。

美作は創真の料理を完璧にトレースして、そこからアレンジするみたいだけどそれが逆効果になるような気がするなあ。それとも創真がまだ美作すら気づかない奥の手があるだろうか?

まあ創真が負けることはまずありえないので、どうやって美作に勝つかが今後の見どころですね。
犬哭啾啾
ゲスト
食戟のソーマ85一口目の秘密 感想 
始まるわ主人公の準決勝
友の敵討ち、料理人の誇りと人生を賭けたこの勝負の立会人

今までの爺オッサンのむさ苦しい審査員とは百八十度変化し
女性比率が跳ね上がりました(;゚∀゚)=3
そしれにしても女性が二席ばかりということでなんとも言えず
まあ年齢と実力で堂島さんが抜きん出た審査員ということをアピールしているのか

あと一色先輩が総帥に審査をまたお願いしていたけれど
決…
妄想屋
ゲスト
妄想屋
(乙であります(^∀^ゞ)[打消]んだよ一日遅れかよ(チッ[/打消]

美作の躾は角崎先輩が[太字]体で[/太字]教えてくれるそうですw
一人、目を引くおぱいが・・・(´Д`*)ハアハア
ぼ、僕も飛び込みたひ。顔挟んで下さい。
ていうかヒナコ先輩ぶれないなw

肉でかっ!!!!


追伸
ニセコイ:よし、千棘と王女をチェンジで(←
いやその前に小野寺さん出せやゴルァ(゜Д゜)
劣等生:とっとり~♪とっとり~♪とっとり~♪とっとり~♪・・・さきゅう!!!
魔法科高校は鳥取を応援しています(←
ていうかジョージ君の出番がw
ハピプリ:以前のOPの挨拶でマリンだけヌラヌラ動いてたのがクソワロタ
そう言えば紅茶さんは、スマプリ5人の変身時の名乗り口上を全部言えますか?
ソ-マ大好き
ゲスト
ソ-マ大好き
というか美作は一体何者なんだよ・・・レシ-トはともかく、どうやってえりなとあった場合の進歩を見破ったんだよ・・・・


創真が勝つのは分かっていますがどうやって勝つんですかね?
普通に今の創真の進歩を見破った事で展開が読めなくなりました。


それにしても卒業生は濃い人多いですね・・・園華さんはtosh先生の本領発揮ってキャラですよね、89期と88期、79期と80期で胸囲の格差社会が生まれているw
日向子さんが2席と言う事は1席はドナ-トさんが有力候補ですかね?


ちなみに「ばらかもん」は「ばらかもん 動画」で検索すると見れますよ。
妄想屋
ゲスト
妄想屋
1か月経ちましたよ(ー。ー)y-~~
ソ-マ大好き
ゲスト
ソ-マ大好き
・・・・楽しみにしていたのですが・・・・もう切ります。