『鬼滅の刃』第96話, 『ぼくたちは勉強ができない』問49など。 WJ10号ひとこと感想(2018)

2月6日、若干加筆。

昔みたいにもっとちゃんと書いた方がええんかね(*_*)

■鬼滅の刃 第96話 「何度生まれ変わっても(前編)」

km96_1_c.jpg

ここで回想突入か!!

確かに敵とはいえ魅力的なキャラクターですからねーーー。

上弦陸に至るまでの過程が描かれるのかな。

この血をプレゼントした鬼も当時は陸みたいですけど、今はランクアップかドロップアウトか( ・`ω・´)

それにしても妹マジで生まれつきのべっぴんさんやったんやね(゚Д゚;)

あれだけ醜いものにコンプレックスを抱いてるから、もともとは不細工なのかと思いました(*_*)



人間なんか期待するだけ無駄だし誰も助けてくれないけど、唯一鬼は救ってくれたかーーー。

彼らが鬼になれたのは願ったり叶ったりの話だったんですね(´・ω・`)



■ぼくたちは勉強ができない 問49.「それは九死の前任者に唯一[x]させるものである」

185820180205_c.jpg

学生服といいメイド服といい、コスプレ似合いますねせんせごふっ!

「つまりあれです!」
「俺がいなきゃ 先生いつも大変なことになってますからね!」


「ええ 本当にそうね(クスッ」

25806052017.png

お酒飲んでないのにめっちゃデレてるやん!!

こんなの絶対先生と付き合う世界線ありますね・・・。



ナマコの位置がエロいとか言う人は、自分が相当エロ漫画に毒されている自覚を持った方がいい😇



■トマトイプーのリコピン 第16話「まんがのゆくさき」

185920180205_c.jpg

204820171221.jpg

今週のリコピンめちゃくちゃ胸に迫る話だわ!

あくまでも描き方はコミカルだけど、漫画家(広く言えばクリエイター)の切実な悩みや想いが伝わってきました(__)

個人的には、最近は褒めて伸ばすタイプになりつつあるので面白い作品はいいと思ったところをとことん評価して、嫌な部分はまあ100%完璧な作品なんてないよなーと思って特に指摘せず受け入れています。

(ここからは読者から読者の感想を読む話なので本編とはちょっとズレますが)
でもダメなとこはダメとビシッと批判してある文章って読んでいて「お~!よく言った!」と胸がすっとしますし、是一辺倒じゃつまらないし飽きるし視野も狭まるので、そういう厳しい意見も有難いことは確か。

是寄り、非寄り、是々非々、いろいろと感想にも種類があって面白いですね😇

オチの内容はこの作品が一番最後に掲載されていることでいっそうしみじみとした読後感を誘ってGJでした。



『褒めて伸ばす』よりも正確に表現すれば、『感謝を示したい』ですね。

こんな面白い作品を生み出してくれてありがとうございます😭😭という気持ちが原動力でそれが作者やファンに伝わればいいなーーーと思っているので、ダメだしとかは極力避けてます。

それをやっちゃうと感謝してるはずが文句つけてる空気に変わるので。

しかし昔は是々非々が一番だと思って実行してたし、どうしても受け入れがたい作品に出会ったら衝動的に「これはひどい」と叫びたくなるし、ツッコミ自体は好きだし、まあ現時点の基本的なスタンスということで。逃げ道を作っておく(^_-)-☆



■食戟のソーマ 第249話 「君の横顔」

一色家の仕来りにより居候先で会ったその子は
確かに……
僕に比べるとそれほど器用な方じゃなかったかもしれない


だが楽しさと喜びをもって
一歩一歩技術を積み重ねていく横顔は


185520180205_c.jpg
「紀ノ国寧々」
「僕は君を―――尊敬している…!」


20171201202818.jpg

愛の告白かと思ったわ!!

でも確かに同じことやってるのに自分は死んだ目で

20180205221312_c.jpg

隣にはこんなキラキラした目してる人がいたらそりゃ惹かれる\(^o^)/

創真にやられて自信喪失が一気に加速したのか自分を卑下する発言が増えてきた寧々さんですが、一色先輩の告白により

185620180205_c.jpg

わーい目が潤んでる\(^o^)/

ずっと持たざる者だと思っていたけど、実は大きなものを持っていたとわかったのと憧れの人に認められたのが嬉しかったんでしょうか。

寧々さんが喜んでいて何よりです😇

最後の左コマは怯えているようにも見えるけど😇

目の光が面白い。

しかし一色先輩ずっと寧々さんと話してばかりで司先輩に対する感情があんまり伝わってこないのが気になるΣ



この少女を見てると、どうしてこんなに味方してあげたくなるんやろうな。



■ゆらぎ荘の幽奈さん 第97話 「朧さんのかかえるキモチ」

yr97_5_c.jpg

幼少期からぼっち飯(´;ω;`)

yr97_3_c.jpg

彼女にとってゆらぎ荘はこれまで経験したことない心温まる空間だったんですね~~~(;;)

yr97_4_c.jpg

さあ!!待ってました!!( ー`дー´)キリッ

鉄拳制裁カモン(>ω<U===U>ω<)



p..s. そういえば、この幽奈さんは天狐モードなのかな(*_*)

外部からダメージが一切入らないコガラシ。

今まで狭霧ちゃんたちのスーツすげーーーー!と思ってたけど、素でそれを超越しててわらた\(^o^)/

11
お気軽にコメントをどうぞ

avatar
Photo and Image Files
 
 
Audio and Video Files
 
 
Other File Types
 
 
新しい順 古い順 最も評価の多い
匿名
ゲスト
匿名
吐血、そして短時間とは言え気絶は初ですねコガラシ
……そのまま片腕を体内に入れて臓器ズタズタにするかと思ったら、
力の差を見せつけ屈服させるのが主目的なんですね。
当時の東西の長を倒した八咫鋼を倒す=自分が御三家を超えたとして宣伝、
堂々と各名家から嫁選びという名のハーレム作る気なんでしょうなー黒龍神

最初は朧に踏ん切りを付けさせる茶番なのかなとも思ってましたが
これは無言の腹パン不可避ですわ……!!
妄想屋
ゲスト
妄想屋
>鬼滅
先代・・・だと!?(゚A゚;)ゴクリ
恐らく100年以上前でしょうね。
女将を殺した時も、婆さんの時代に云々言ってたし。

>僕勉
まさかのスク水wwwww

>リコピン
ごめんなさい立ち読み派でつ・・・(;ω:.;,…

>ソーマ
寧々先輩、ちっとは救われたか。
なお、冷たい料理(ry
所で司先輩・・・それでも負ける画が浮かばないのは何故(ヽ´ω`)

>ゆらぎ荘
コガラシどんだけタフやねんwwww
匿名
ゲスト
匿名
寧々先輩はまあ「努力を楽しむ事が許される環境」だったのもでかいなあ
それが今では立場逆転して冷え込んで……ああ、だから料理も冷たく(ry
栗うさぎ
ゲスト
栗うさぎ
[色:FF0000]>「ダメなとこはダメとビシッと批判してある文章って読んでいて「お~!よく言った!」と胸がすっとします
 この言葉はかなり有難かったです。(><。)
 なにぶん私もボロクソに言いまくってしまっているものですから。
 それでも、私は敢えて作者へのメッセージとして感想を書いている部分もあるのですがね。
 最近附田先生もラジオで仰っていた事ですが、作り手側にいると気付かない事って色々あると思うんですよ。
 それに気付き、(作者に直接ではないにせよ)発信していくのも、また必要な事ではないのかな・・・と、生意気ながら思っていたりします。
 [太字]勿論、作者への敬意と感謝を常に心に留めながら。
[/太字]


>ゆらぎ荘
 取り敢えずこれだけ言っておきます。
 [色:FF0000][太字]天の果てまでぶっとばしたれコガラシ!!![/太字]
[/色]               ↑
 (幽奈が誘拐された時は、正直「天井邪魔!!」と思っていた人)
栗うさぎ
ゲスト
栗うさぎ
 あわわわわわわわわわわ。
 間違えて、赤字だらけになってしまいましたすみませんすみませんすみません!!!
 本当は「天の果てまで~」のくだりだけなんです。
 どうか驚かないでください本当に失礼しました!!!(><;;;)
妄想屋
ゲスト
妄想屋
そう言えば次号今日発売か(^^;
すっかり忘れてた。
紅茶
ゲスト
紅茶
[太字][色:58A7D2]>>名無し様へ[/色][/太字]
コメントありがとうございます(^^)

[太字]>吐血、そして短時間とは言え気絶は初ですねコガラシ[/太字]
あれはショッキングでしたね・・・!

まさかコガラシが1vs1でノックダウンされる日が来るとはΣ

[太字]>……そのまま片腕を体内に入れて臓器ズタズタにするかと思ったら、[/太字]
ガチすぎる\(^o^)/

このまま朧さんを帰して、みんなを嫁として渡すわけにはいかないですからね~~~

コガラシ漢としてぶちかましたれ(`・ω・´)
紅茶
ゲスト
紅茶
[太字][色:58A7D2]>>妄想屋さんへ[/色][/太字]
[太字]>鬼滅
>恐らく100年以上前でしょうね。
>女将を殺した時も、婆さんの時代[/太字]
あーーーそんな話もありましたΣ(゚Д゚;)!!

堕姫も鬼ぃちゃんも若者の風貌をしているから忘れがちですけど、相当長生きしてるんですね。

[太字]>僕勉[/太字]
先輩→先生と続くとは思いませんでした\(^o^)/

[太字]>リコピン
>立ち読み派[/太字]
電子版いいですよ(^_-)-☆
かさばらないし。永久に読み返せるし。

[太字]>ソーマ
>冷たい料理[/太字]
冷えた飯がナンボのもんじゃい!

寧々さん僕は冷えた弁当とか全然美味しく食べられる人間ですよ!!(U>ω<)

[太字]>司先輩[/太字]
終始無言、無反応ですからね~~~。

効いてる感まったくなし\(^o^)/

[太字]>ゆらぎ荘[/太字]
この勇姿をかるら様にも見せてあげたいですわ( ´ー`)y-~~
紅茶
ゲスト
紅茶
[太字][色:58A7D2]>>名無し様へ[/色][/太字]
コメントありがとうございます😇

[太字]>努力を楽しむ事が許される環境[/太字]
そこですよねーーー。

環境の違いってほんとその人の人格形成に大きな影響を与える(__)

一色先輩はあんな育て方されたら、そりゃどれだけ器用にこなせても虚しいだろうなーと。

寧々先輩と出会って救われたっていうのは、噓偽りない本音だと思っちゃいますよね(´・ω・`)

[太字]>それが今では立場逆転して冷え込んで……ああ、だから料理も冷たく(ry[/太字]
言いたいだけやろ!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) スパーン
紅茶
ゲスト
紅茶
[太字][色:58A7D2]>>栗うさぎさんへ[/色][/太字]
コメントありがとうございます ^^) _旦~~

[太字]>この言葉はかなり有難かったです。(><。)[/太字]
栗うさぎさんの感想は読んでいて気持ちいいですね!

言いたいことをハッキリ言うので、いつも反応が楽しみです(^^)

[太字]>最近附田先生もラジオで仰っていた事ですが、作り手側にいると気付かない事って色々あると思うんですよ。[/太字]
おお~~!そんなこと言ってたんですか!

確かにねぇ…(__)

[太字]>それに気付き、(作者に直接ではないにせよ)発信していくのも、また必要な事ではないのかな・・・[/太字]
いいと思います(・∀・)!!

作者はともかく、編集者は感想サイトとかチェックしてる時代。

栗うさぎさんの指摘で向こうもハッとすること、今までもこれからもあっておかしくないです(`・ω・´)

とか言っちゃうと感想書くことにいちいちプレッシャーを感じて筆が進まなくなるときあると思うので、これからも自由気ままに思いの丈をぶちまけて、それが結果的に作者やファンに届くことを応援していますヽ(^o^)丿

[太字]>勿論、作者への敬意と感謝を常に心に留めながら。[/太字]
常に溢れんばかりのソーマLOVEが伝わってくるので大丈夫ですよd(>_・ )グッ!

[太字]>天の果てまでぶっとばしたれコガラシ!!![/太字]
朧さんを泣かした罪、思い知るがよい( ・`ω・´)

[太字]>間違えて、赤字だらけになってしまいましたすみませんすみませんすみません!!![/太字]
自分もたまにやらかして、すぐ修正したりするので全然OKです\(^o^)/笑
紅茶
ゲスト
紅茶
[太字][色:58A7D2]>>妄想屋さんへ[/色][/太字]
コメありありです!

[太字]>そう言えば次号今日発売か(^^;[/太字]
まだ読めてない\(^o^)/

いつ読めるか/(^o^)\