4月27日(金)

23504292018_c.jpg

一本目の課題のPS(プログラム設計)、PG(プログラミング)、PT(プログラムテスト)が全て完了しました。計4日間の作業。目安はPSに2日、PGに2時間、PTに2日らしいので何とかそれに準ずる形でクリアできてホッとしています。

現在研修を受けている人は全部で19人で、教室の壁に課題の達成表(%形式)が貼ってあり、退勤する前にそれぞれ今日進めた分マグネットを動かすルールになっているんですが、それを見る限り自分は今のところ順調にこなしている上位走の一人にいるようです。

しかし日記で明かしてきた通り、実際は順調とは程遠い、わからなさすぎて吐きそうなほど酷い日々でした。

自分の力で最後までやり遂げた真の上位者とは違って、結局自分は泣きついた講師にいくつもの大きなヒントを教えてもらって何とか完成しただけの偽物だし、二本目の課題を見た感じ、やっぱりこれもちんぷんかんぷんで今から頭を掻き毟りたくなります。

自分はゼロから考える力が無いと思う。解答パターンをいくつも暗記して、それを当てはめて解く人間なので、完全に初見の問題はとことん苦手です。自分にとって今与えられてる課題はそんな感じ。

同じ教科書が渡されて、みんなコボルは初心者なはずなのに、どうしてこれほど差が生まれるんだろう。また悩んでしまいます。やっぱりCなりJAVAなりプログラミングを学んできた人間は、別言語もすぐにコツを掴めるんでしょうか。それとも単純に地頭の問題か。



04304282018_c.jpg 

こうして改めて金曜日の出来事を書いていると、何だかひどく憂鬱な日でしかない感じが出ているけど、そんなこともありませんでした。むしろ、いい日でした。と言うのも最近周りに話せる人が日ごとに増えてきて、金曜日はそれが如実に、心にじーんと感じられる日だったので嬉しかったのです。

自分がエクセルの操作で「わかんねー!!」って頭を抱えていたときに、隣に座っている中途採用で元経理のお姉さん(エクセルの達人)が「あ、紅茶さんこれはこうするといいんですよ(`・ω・´)」と自分も作業で忙しいだろうに時間を削って手伝ってくれてめっちゃ有り難かった。

もう課題は終わって帰ることもできるのに「家に帰ってもやることないし^^」って言って自分がPTを通過するまでずっと傍で待っててくれた高卒の、自分より何倍も頭いい一つ下の子にも凄く心を打たれました。(しかも作業が詰まって困ったとき、すかさずアドバイスをくれて、彼のおかげで27日に課題が終わったと言っても過言ではない)

研修がキツすぎてついてこれなくて泣いちゃった子とは、あれから結構仲良くなってきて、自分が先に課題をクリアして「やったーーー!!」と喜んでいるとき「…氏ねばいいのに」ボソッ と呟かれて、いやいやその反応はあんまりじゃない(゚Д゚;)!?とツッコミ入れる流れは楽しかったです。

昼ご飯食べたあと一緒に将棋アプリで対戦する友達ができたこと、「お疲れ」じゃなくて「また明日」(何でもないような違いだけど)と言い合える存在ができたことも嬉しい。

自分はガイジ星からやってきた宇宙人だから、人間とGoodコミュニケーションとれたり仲良くなったりするだけで、言葉には言い表せないほど多幸感を感じてしまう😇生きててよかったと冗談抜きで思う瞬間なのです。


今日のご飯

201804290048472b3.jpeg

というわけで、帰りは新宿のルミネで高卒の子と食べました。

お父さんが多趣味で、その影響を受けて本人もいろいろな趣味を持ってるそうです。バイク、釣り、スキー、あとはコーヒー作りとか。話し方が上手くて知性を感じる。引き出しもたくさんあって打てば響くような受け答えができる人です。

正直、自分とは真逆なタイプ😇趣味と呼べるものは全然ないし、口下手だし、すぐに「あー・・・」と考え込んじゃうし。

いつか自分も彼みたいになれるのかな。

おまけ:最近通勤中に聴く曲



012704292018.jpg
新しい順 古い順 最も評価の多い
妄想屋
ゲスト
妄想屋
うむ。
読んでて微笑ましい(´ー`)y-~~

>Cobol初心者なのに
[打消]多分両方[/打消]少なくとも慣れてるのは有るかもね(^^;

>同期
おう、早速知り合い出来たかw