6月28日(木)

今日は、東京は最高気温30℃を超えていたらしい。職業柄、昼休み以外はずっとクーラーの効いた室内にいるため、全然気付きませんでした。同期は外に合わせて半袖のシャツを着てる人が何人もいるけど、見ていて寒そうです。でも尋ねると、全然平気と返ってくる。

自分はただでさえ冷え性なので本格的な真夏日が到来しても、このまま長袖シャツを外ではまくって中に入ったら元に戻す感じになりそうです。(流石にクールビズ用の長袖にするけど)

193420170723_c.jpg

Javaの実力テストの結果を書き忘れていました。42点です。100点満点中。答案用紙が返却されて、点数を確認したとき心の底から「あ、終わった」と思いました。全員に返却されたあと講師の口をから赤点だった人の名前が挙げられます。

「Kくん、Mさん、Hくん、Iくん(全て仮名)の四人は、ちょっと別室に来てください」…..あれ?聞き漏らしか??自分の名前が呼ばれなかったぞ???

教室のホワイトボードに全員の点数が棒グラフ形式で載った大きな紙が張り出されたので、すぐさま確認する。すると、なんと今回最高は70点、最低は16点、平均は40点前後と非常に全体の出来が悪いことがわかりました。

ちなみに自分の順位は、14人中7位です。うーんこの凡庸さ。ちなみに赤点は30点未満でしたが、講師からは「50点行かなかった人は、基礎が足りてないと自覚して猛勉強してください」と言われた。まあ、そうですよね。

充分理解してたはずの事柄が、いざテストで解こうとすると「あれ?この場合はどうなるんだ?」と筆が止まるということが多々あった。たとえば、「このクラス定義の場合、以下のメソッドの中で文法上正しいものを選べ」の問題とかね。どれを書いてもコンパイルエラーにならない気がするぞ…と試験中思った(*_*)

あと、今回筆記テストだったんですが、最終問題で一クラスのコードを丸々書かせるものがあり、残り時間も少なかったので急いで書き上げたら、『if~else』『if~even』と書き間違えて減点を食らいました。

そういう凡ミスが多すぎる。それが無ければ50点は確実に行ったはず…いやいや言い訳は見苦しいね。今はバッチアプリケーションの開発をやっています。これも一応個人課題で、周りと相談してはNG、分からないことがあったら講師に訊きなさないとのこと。

自分は相も変わらず毎日「これは、どういうことでしょうか?」「このエラーが一向に解決できないのですが、どうすればよいでしょうか…?」などなど、多分他の人からは「講師頼り過ぎでズルいんじゃボケ!😇」と反感を買われそうなほど、訊きに行ってます。

いやいや自分もホントは、みんなみたいに自分一人の力で解決したいと思うけど、圧倒的に能力不足だから教えてもらわないとどうしようもないのよねorz 課題には期日があって、いつまでも悩んでいるわけにはいかないし。

この頃お魚ソーセージを朝に一本食べるようにしました。理由はお察しです。

健康診断の結果や引越しの話も書こうかと思ったけど、長くなってきたのでこの辺で。サッカーを観たら寝ます。おやすみなさい。



今日のご飯

20180628230703b99.jpeg

でっかい揚げ物の正体は、山賊焼きです。
新しい順 古い順 最も評価の多い
妄想屋
ゲスト
妄想屋
プログラムは取り敢えずフローチャートとか書き起こした方が分かりやすいよ。
繰り返しとか条件分岐とか。
やってるなら良いけど。

まぁ、赤点て大体30未満だよな(^^;
しかし平均40前後か。