9月2日 (日)

曇り。東京はところどころ小雨が降っていたと思う。

71820180903.jpg

無理なのかもしれない。何もかもが上手くいかない。不運な事故もここぞとばかりに一斉に起き始める。こんなに頭がおかしくなりそうなのは、いつ以来だろう。自分なりに一所懸命やってるつもりだが、結果が出なければ自己満足でしかないというのに。

自分に割り当てられたノルマが達成できそうにないのと薬の副作用で嘔吐きが止まらない。ノルマに関してはそんなの作業者の問題ではなく、管理する人のマネジメント力が低いからだと言う人もいるだろう。

だけど当事者としては、自分があまりに無能だからとしか考えられらない。こんなことはできて当然、という部分が出来なさすぎて、いくら研修上がったばかりの新人だからといってそれを言い訳にしたくないし、実際できない。



金曜日にしでかしたことの一つを、ここで懺悔する。

PTにおいて今の、ゆっくりと試行錯誤しながら作業を進めるやり方では確実に期日に間に合わないと判断した自分は、――現在業務で使用するEAIツールのトレーニング中である――「とりあえず一回目を出して、そこで指摘されたところを直せばいいや…」と思い、あろうことかテストの仕様理解も不十分のままテストを実施。

そして作業完了の報告をしてしまった。いつまで学生気分なのか。レビューし終わった先輩の失望したかのような表情は、自分の過ちを気付かせ心をえぐるには十分だった。

その人は優しいから、あくまで穏やかな口調で不備があった部分を指摘してくれたけど、喋ってるときの声のトーンや言葉を選んでる感じとかで「えーと、、君ってこんなにいい加減な奴だったんだね。なにこれ^^;」と言いたいのに我慢してくれてるんだな…というのが伝わってきて罪悪感で死にたくなった。

9月5日に二回目の面談が予定されていて、そこで自分のロードマップが正式に決まるわけだけど、この前上司と面談した結論としては、3年で課長職を目指すというもので、改めてその目標に沿って計画を練り直してほしいと言われた。(上司の名誉のために一応補足しておくが、目標の強制は一切ない。自分も納得した上での話)

会社によってどのくらい業績を上げればどの役職につけるのかは、全然違うのだろう。自分のところは、ざっくり言えばプロジェクトの中で○○人を管理して、年間✕✕✕✕万円の売上を達成することが条件になっている。

自分から目指しておいて、この目標の重圧に毎日つぶれそうになっているのは、一体全体どれだけ馬鹿な話なのか。これが原因で、周りからすればおそらく「そんなミスくらい気にしなくていいのに~」と思いそうなことも、生きるか死ぬかレベルに日々重く受け止めてしまっている。

ちなみに件のレビューは金曜の午後の話で、実は午前も別件でしょうもない――だけど見過ごせないミスをして上司Oに(面談は上司Y)「馬鹿野郎!」と叱られた。こんなことでいちいち信用を落としている余裕あるはずないのに。一刻も早く業務知識を習得して、技術力を磨かなければならないのに。

73020180903.jpg

自分みたいな頭も心も弱い人間が社会的に成功しようなんて、そもそも無理な考えだったのかもしれない。家族や会社からの期待を裏切りたくないが、ノイローゼ気味になってくる。4日(火)が全体の作業の完了日となっていて、この調子では終わりそうにないため3日と4日は結構残業することになるかもと先輩に言われた。

当然だ。自分が不甲斐ないばかりに迷惑をかけてしまって本当に申し訳ない。この先輩には恩がたくさんある。足でまといにはなりたくない。死ぬ気でがんばらな。