「他人に批判されたから」

近況報告。
一。新居に越して三日。自分だけの部屋というのが、これほど快適だと知る。
二。らっきょイベントの全ミッションを無事達成。セイバーの会話はほしかった。ところでCMの垂涎物の戦闘はどこいったのじゃ。
三。再度、FGOの話。ガチャを石で2回・呼符で5回まわすものの星4の新礼装がひとつ当たるのみ。
四。つい最近話題を呼んだ「他人の批判により作品を楽しめなくなった」という話。Twitterをスクロールしていると作品を愛する本当にたくさんの人たちの持論を拝読することができて、個人的に非常に得るものがありました。
正直に言ってしまうと、あの主人公の気持ちはまったくわからないでもないのです。自分がイイなと思ったものが世間的にはダメで、たとえば薄っぺらいとか・ご都合主義とか・くだらないとか一蹴されたとき、そんな作品を好きな自分はひょっとしておかしいんじゃないのか・正しく判断できていないんじゃないか・阿保なんじゃないか・ああ、周りに軽蔑した目で見られないために好きだという気持ちは抑えてしまおうか、などなど考えてしまいます。

・・・だけどね、やっぱり好きなもんは好きでいいんだよ。
その気持ちは、偽ってはいけないものなんだ。
他人に塗りつぶされること、それをよしとすべきではないんだ。