コメント 2

→コメントへ移動

久々に読書/『自分は自分 人は人 -争わない生き方-』


自分は自分 人は人 -争わない「生き方」-



マイペースを守れない人は、自分の「やること」や「できること」よりも、他人の動きやことばに目を奪われてしまいます。「みんなして遊んでいるな」と思えばそっちが気になり、「あいつ飛ばしているな」と思えばそっちを追いかけようとします。エンジンをかける、アクセルを踏み込む、ブレーキをかけるといった動作がいつも周囲のペースを同じなのです。すると、高速道路で車のダンゴ(渋滞)につかまってしまうように、人のダンゴにつかまって自分のペースを見失うことになります。 <和田秀樹>



読書のモチベが徐々に回復してきたのでリハビリがてら店頭で目についた本書を買ってみました。



どういう本か簡単に説明すると、私たちは競争社会に身を置いていることで他者を見るとどうしても勝ち負けの次元で捉えてしまいがち。それゆえに、嫉妬したり、へこんだり、己の不幸を嘆いてしまう。そういった価値観から解放されるために大事なこと・・・争いを好まず自分のペースで生きるためのノウハウが説かれています。自分の場合、既に名著「嫌われる勇気」で同じようなことを痛切に学んだので、この本で特別何か新しい発見があったかというと微妙だけど、和田さんもこういう風に考えていたんだなあというのは新鮮でした。

思えば、自分が「ああ、カッコイイな」とか「こんな大人になりたいな」と尊敬してしまう人って結局そういう人なんですよね。つまり、誰かに追従したり振り回されることなく自分のペースで自分らしく生きる人。
新しい順 古い順
妄想屋
ゲスト
妄想屋
台風・・・早めに帰って来ました。


マイペースか。
社会で働いてると時間に追われてそれどころじゃ無い・・・(ヽ´ω`)
まぁやり方とか自分のペースで出来る部分は有りますけどね。

時間「マテー!」
紅茶
ゲスト
紅茶
[色:0000FF]>>妄想屋さん[/色]
昨日は西日本は特に大荒れでしたね。関東も夜になると雨風強かったです。

時間に追われるんじゃなくて、逆に、こっちが時間を管理するぜ!くらいの気概を持ちたいですが、じゃあ持ってるだけで上手く行くかというとそうではないのが難儀なところですよね。