挫けぬ心。

21540322.jpg

最近バクマンを読んでいるのだけど、面白いと同時に胸が痛くなる。どうして、そこまでひたむきに努力できるのだろうと。

漫画家を目指して寝る間も惜しんでひたすら構想を練って、これはイケる!という渾身のネタが、編集の「面白くない」の一言でボツになる虚しさ。たとえ通っても作品として世に出すにはそこから並々ならぬ苦労が待っていて作品のアイディアも日々尽きることなく生み出さなくてはいけない。

周りには自分より優れた才能の持ち主が大勢いて、その人たちと常に競争をしなくてはいけなく心休まる日々はない。それを知ってまで諦めずに果敢に挑戦する主人公たちの姿がまぶし過ぎる。地に這いつくばってでも何度転んでも成功してやるという野心。見習うべきだと魂が騒ぐ。