朝の死にたさはMAX

22310324.jpg

うつを患ったときの朝の死にたさはヤバいです。毛布から出たくない。誰とも喋りたくない。今すぐに死んでしまいたい。練炭買うか。ロープにするか。など頭の中で堰を切ったように負の感情が溢れ出します。これが午後に入るにつれ比較的穏やかになっていき、夜には大分落ち着くという。人間は夜行性だったのかと思ってしまいます。単純に朝は苦しい一日の始まり、夜はその終わりだと脳が認識しているからなのでしょうか。



5日前からレクサプロ10mgとデパス0.5mgを一日一錠飲んでいます。レクサプロは抗うつ剤の中でも比較的新しく安定性は高いのですが、効果が表れるまで2週間程度かかるそうで。効いてくれることを願います。しかし、もっと明るい記事を書かないとな(´・ω・`)
新しい順 古い順 最も評価の多い
妄想屋
ゲスト
妄想屋
うちの兄は実家で躁鬱のリハビリ中です。
もう十数年の付き合いになります。

通院や治療は長期で根気も要るので、当人も周りも頑張らないと続かないようですが。

一人暮らしは中断した方が良いかも知れないですね。
誰かが傍に居た方が宜しいかと。

後はまあ、なるべくポジティブに。
紅茶
ゲスト
紅茶
[色:0000FF]>>妄想屋さんへ[/色]
お兄さんがそうでしたか…!十数年は長いですね。
「あ、流石にヤバイ。今一人でいたら冗談抜きでしんでまう」と直感が告げて、病院で薬もらったあと速攻で実家に戻りました。その判断は正しかったと思ってやまない(_ _)

父親からは、「死んでもいい。なんで生きる必要があるんだろう。そう思ったとき、初めて人生はスタートする」みたいなことを言われて、ふうん…そういう考えもあるんだなと(´・ω・)
西京BOY
ゲスト
西京BOY
自分は夜によく物凄く空しくなって号泣したりします。そのまんま寝腐ると「まあ、しょうがねえか・・・」って気持ちに朝なってる事が多いのでちょっと紅茶さんとはタイプが違うかもしれません(笑)。

ただ、こういう記事を読んでいると個人的には「あっ、苦しいのは自分だけじゃないんだ。」と素直に思えるので、逆に安心したりします。安心というのも妙な表現かもしれませんが・・・悩んでるのは自分だけじゃないんだ、的な。。 無理矢理前向きに振る舞っている人よりも、素直に弱音を吐き出してる人の方が好感が持てちゃったりする自分です。
紅茶
ゲスト
紅茶
[色:0000FF]>>西京BOYさんへ[/色]
昔、今と似たような苦しい精神状態になったことがあるのですが、その時は朝より夜の方が断然辛かったなと、西京さんの話を聞いて思い出しました。睡眠薬を飲まないと、苦しくて苦しくて横になることもできなかったな。

やっぱり、完全に「孤独」だと辛いですからね。こんなに人生で苦しみを感じているのは自分だけなのか?外を歩くと、みんな生き生きとした表情をしている。「いやいや、苦しいのはみんな同じさ」というが、自分だけ明らかに重りが違くないか?どうして、みんな平気な顔して生きていられるんだ?どうして、そんなに強いんだ?ああ、自分は周りとは違う人間なんだな…と思うと、どうしようもなく孤独感に支配されて。でも、独りじゃないということが、同じような人たちと出会うことで気付くと、ふっと心が少し軽くなりますよね。自分も西京さんの存在には、本当に昔からずっと助けられています(_ _)
灰
ゲスト
なかなか深刻な症状ですね…

私も平日は朝が辛く夜は楽という傾向があるのですが、休日は全くの逆ですね。基本的に怠惰に1日を過ごしてしまうので、夜寝るときになると目をつぶっても頭の中では強烈な自己嫌悪に襲われます。そんな時は一度起きてスマホから娯楽アプリを全て消し、1時間ほど勉強してからでないと眠りにつけません。
紅茶
ゲスト
紅茶
[色:0000FF]>>灰さんへ[/色]
コメントありがとうございます。朝が辛いか、昼が辛いか、夜が辛いか、人によって分かれそうですね~。自分も油断をすると休日は特に怠惰に過ごしてしまうので、積んでいた本を読んだり、映画を観に行ったり、とにかく何か生産的なことをしようと心がけています。一日を無為に過ごしてしまうと、今日の自分は昨日の自分と比べて全く進歩ない、下手したら退化しているんじゃないかと感じて自己嫌悪に陥ってしまうんですよね。一番幸せなのは、たとえ怠惰に見えるように一日を過ごしても、そんなことはない、これだってちゃんと意味はあるんだと自分を肯定できる心を身につけることですけど、まあ、なかなか難しいという(;´Д`)