ジョジョの奇妙な冒険SBR

「『生きる』とか『死ぬ』とか 誰が『正義』で誰が『悪』だなんて どうでもいいッ!!

『遺体』が聖人だなんて事も ぼくにはどうだっていいんだッ!!

ぼくはまだ『マイナス』なんだッ!『ゼロ』に向かって行きたいッ!

『遺体』を手に入れて自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!


主人公のセリフ。本当に悲痛な叫びでした。



ということで、ずっと途中で読むのを止めていたジョジョのSBRを昨日と今日で一気に読み下しまして先ほどついに最終巻を読み終えたのですが、あまりに切ない気持ちが胸の中を支配しています。

いろいろなひとの人生が描かれていて。満たされて幸せになったひともいれば道半ばで折れてしまったひともいて。プラスがあればマイナスもあって。その両方に正義が宿って、さまざまな世界が広がっている。人生はさまざまな模様になっている。

酸いも甘いも知って、その上で己の信念を貫くこと。そういったものを成長とか強さとか言えるのでしょうか。
最後、ジョニーの「家に帰ろう」というセリフの表情には涙腺がやられました。