コメント 2

→コメントへ移動

それぞれのお店に潜入した炭治郎たちは・・・/鬼滅の刃 第72話 「お嫁さんを探せ」 感想

0
km72_1_c.jpg

化粧を落とすことで逆に美人に(;゚∀゚)=3

まつ毛も長く目もくりっと大きくて普段の猪マスクからは想像もつかない美形ですよね~。

この伊之助を見てイケると確信した荻元屋のお人は、京極屋の『蕨(わらび)姫』や、ときと屋の『鯉夏』よりも売れっ子にしたる!と意気込みます。

でもね、申し訳ないけど、その子は・・・男なんや!!(><)



一方、売れ残った善逸はどうなったかといえば

km72_2_c.jpg

なんとか京極屋に就職することができました( ´ー`)y-~~

その経緯も他の二人と違って遣手の女性に本人の能力が認められたからというより、売っている側の宇随さんに惚れてついつい買ってしまった感じで笑 とことん本人的には不本意であろう展開が続く善逸ですが、『音』に精通する彼は今回の音柱と同行する話において、きっと並々ならぬ活躍をすると僕は信じております(`・ω・´)

そして一番最初に売れた炭治郎は

km72_3_c.jpg

その真面目さで、雑用も嫌な顔ひとつせず引き受けていた(゚∀゚)

鯉夏花魁とは、前回派手に道を歩いてたあのべっぴんさんのことですね。カースト上位の人とは職場内でも気軽に接するチャンスがないかと思いきや、そんなこともなさそう。

ちなみに、炭治郎は隠していた額の傷がバレて女将さんもえらく怒ったようです。やはり、傷物は客先には出しにくいのでしょう(´・ω・`)それでも追い出されずに済んだ炭治郎は、凄い。

部屋に荷物を運んでくれた彼に鯉夏花魁は

km72_4_c.jpg

わざわざお菓子をくれる優しさ!

そして、照れる炭治郎。炭治郎は年上の女性に弱そうですからね~。しかも、こんなに美人さんと至近距離。ドギマギしてしまうのも無理はないです。

部屋に入るとき童女たちが話していた「足抜け」「須磨花魁」のことを詳しく聞きたい彼は、自分を彼女の「弟」と偽って聞き込みをするのですが、表情がヤバ過ぎて絶対に怪しまれてますよね笑 流石に「嘘でしょ」とは言えなかったのか何なのか、きちんと教えてくれましたが、宇随さんの話と合わせると須磨さんはここ・ときと屋で活動をしていて、ある日を境に日記を残して足抜け・・・いわゆる借金を残して逃亡してしまったと(゜-゜)

須磨さんは任務で来たので借金の事情なんてないですし、男と駆け落ちもあり得えない。そうなると日記は、鬼あるいは協力者の偽造の線が高そうですよね。

三人がそれぞれお店で動いている中、宇随さんは外でひたすら見張るも依然として鬼の尻尾はつかめず

km72_5_c.jpg

「“ド派手な殺り合い”になるかもな」

と、不穏な言葉(´・ω・`)

タイミングよく不敵に笑う花魁・・・これは鯉夏さん? きな臭くなってまいりました(__)

シーンは再び伊之助サイドに移り

km72_6_c.jpg

アカン、油断すると完全に美少女にしか見えない\(^o^)/

伊之助が全く喋らなかったのは、こういう理由だったんですね(^^; 声が太いのか。アニメ化したら、どんな声になるんでしょう。逆に炭治郎と善逸は喋っても男とバレれない中性的な声なのでしょうか。

普段半裸で生活している彼にとっては着物の着心地は最悪でしょうね(;´▽`A“でも脱いだら男だってバレちゃいますし、葛藤する気持ちがよくわかります><

まきをさんが部屋に閉じこもっていることを聞いた伊之助。そのまきをさんは、今

km72_7_c.jpg

追い詰められている真っただ中(`・ω・´)

ギシギシと痛めつけられていて依然ピンチには変わりませんが、とりあえず生存していてホッとしました><

次回、伊之助と接触なるか?
0

2
お気軽にコメントをどうぞ

avatar
Photo and Image Files
 
 
Audio and Video Files
 
 
新しい順 古い順 最も評価の多い
妄想屋
ゲスト
妄想屋
善逸の形相ワロタ
確かに見返したい相手は居るw

それにしても須磨さん花魁だったのか。
鯉夏さんは・・・どっちだろう?
鬼滅は展開が読めないからどうなるか分からんっすわ。

しかしまきをさんがいきなりピンチとはorz
[打消]見ようによっては緊縛プレイ[/打消]
紅茶
ゲスト
紅茶
[色:0000FF]>>妄想屋さんへ[/色]
イケメン、嫁三人もいる、自分はこんな仕打ち・・・どんどん善逸の怒りのボルテージが上がっていきます笑

花魁の中でも、さらに順位がありそうですね。鯉夏さんとかは、花魁トップクラスであると(`・ω・´)
[色:0066FF]
>見ようによっては緊縛プレイ[/色]
ほんとそれ\(^o^)/