電子版週刊少年ジャンプを購入してみた感想。

20170825194655.jpg

(公式サイトはこちら。http://jumpbookstore.com/ext/wj.html

155020170704.jpg

今週、人生で初めて電子書籍デビューをしました。
それもWJでヽ(^o^)丿


今回は実際に読んでみて、よかった点気になった点をいくつか書いていきます。



まずは、よかった点から。

①『処分に困らない』

いわゆる電子版の最大のメリットですね。特にWJは、一冊が非常にボリュームあって部屋のスペースを埋めてしまう代物で、ある程度まとまってから紐で縛って資源ごみに出すという処分も面倒。

その点、電子版は重さも幅も一切ないデータなので買っても買っても部屋が窮屈にならず処分の必要もないのは有難いです。

②『何度でも読み返せる』

一度購入すれば、サービス終了まで、いつでも何度でも読み返すことが可能というシステムも素晴らしいです(^^)

③『ページが綺麗』

実物は、再生紙を利用していて印刷にムラがあったり、かすれがありますが、電子版の場合、最初から最後まで余すことなく作家さんの原稿通りの美麗な漫画を楽しむことができるのはメリットでしょう(`・ω・´)

④『月間購読が安い』

月額900円なので普通に紙の状態で一ヶ月間買うよりお得です。

そもそも単体の時点で250円と安いです。(最近の紙ジャンプは260円でしたよね)

⑤『直接買いに行く手間が省ける』

毎週月曜日の午前5時頃に配信されるのを待つだけです ^^) _旦~~

⑥『簡単に読者アンケートが出せる』

iOSアプリあるいはAndroidアプリで切手いらず郵便局いらずで読者アンケートに答えられるのは、非常に楽です。


以下は、気になった点について。


①『読んでいる感覚がどこか物足りない』

正直WJ電子版のシステムやUIには不満は全然なくて、ただ引っ掛かったのが、紙から電子に移行した人あるあるだと思うんですが、実物の重みやページをめくる指の感覚がなくなってカチッカチッという無機質なクリックで読み進めるのが、どうにも味気なかったですね(^^;

紙だと半分読み終えると「あともう半分で終わってしまう…」という名残惜しさを左手にかかる重さが減ることと紙の厚みが薄くなること、そして視覚的に味わいますが、電子の場合そういう面が弱いかなあと。

ザ・老害!!(窓からガシャーン絵)

②『インパクトがどこか物足りない』

自分の持っているモニターに映し出される絵と紙のそれは、サイズ的にほぼ変わりないハズなんですが、やっぱり紙の方が、読んでいてぐぐっと心を鷲掴みにされるインパクトが高い感じがします。

こんな感じでしょうか。いずれも感情論でロジカルに説明できないのが申し訳ないです。

ぶっちゃけ気になった点に挙げた二つは、『慣れ』の問題が大きいと思いますし、メリットがとても大きかったので、しばらく電子版を買い続けてみようと思います。
新しい順 古い順 最も評価の多い
ぱいなっぷる
ゲスト
ぱいなっぷる
ゆらぎ荘の幽奈さんがカラーであるも利点かと思います
紅茶
ゲスト
紅茶
[太字]>>ぱいなっぷるさんへ[/太字]
[色:0066FF]>ゆらぎ荘の幽奈さんがカラー[/色]
あーーー!!自分は普通に白黒で楽しんでいたため、言われて気付きました!確かにそれも利点ですね!