コメント 2

→コメントへ移動

『正しさ』など。

0
2017年8月20日の『折々のことば』より。

231811022017_c.jpg

>感謝と訴訟がいつ入れ替わるやもしれない臨床の現場

父親も同じことを言っていましたね・・・。

患者のために尽くしたことが、却って恨まれる結果になったり。

父は基本的に生命力に満ちた人ですけど、その時だけは別人のようにやつれて『死』をも考えたそう(*_*)

言い切れる正しさ――これは医療に限った話ではなく、あらゆる界隈でも言えそうです。



時間がないので、ここからはさくさく進みます。

2017年1月10日。

232011022017_c.jpg

石破さんこんなこと言われたのか・・・(゚Д゚;)

正しさは眩しくて鋭くて――ときにはポケットにしまう選択も必要ですよね。

2017年2月15日。

231911022017_c.jpg

この不幸、悲観、マイナスを糧にすると。

2017年2月11日。

232111022017_c.jpg

これ当時読んだときはピンと来なかったんですけど、今考えるとちょっとわかります。

隣で幸せそうに笑ってくれていた方が、こっちも思わず頬が緩む。


2017年2月27日。

232211022017_c.jpg

“失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど

そうじゃなく 喪失も正解と言えるような

逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない

途絶えた足跡も 旅路と呼べ―――”

新しい順 古い順 最も評価の多い
妄想屋
ゲスト
妄想屋
>正しさ
>鋭い、まぶしい
強い光は目に毒なんですよね。
だから正しすぎると皆敬遠する。
嫌って抵抗される。
まぁ僕がこの話を知ったのは「螺鈿迷宮」って海堂尊先生の小説ですけど(チームバチスタのシリーズ)
医療も含め、現実なんて人それぞれの正しさが有りますから。
そしてぶつかったら争いになるorz

>蜷川先生
なんか以前、紅茶さんがお父上に言われた言葉を思い出しました。
鬱になって吐露した時。
「死にたいと思ってからが始まりだ」ってヤツ。
多分根っこは同じなのかなと。


最後はなんかの歌詞ですか?
紅茶
ゲスト
紅茶
[色:0033FF]>>妄想屋さんへ[/色]
[太字]>強い光は目に毒[/太字]
それなんですよね~。

[太字]>現実なんて人それぞれの正しさが有りますから[/太字]
「人はいつか絶対に死ぬ」くらいに意見が割れようもない唯一解で世界が構成されていれば、どんなにシンプルだったか(´・ω・`)

[太字]>螺鈿迷宮[/太字]
気になったのでAmazonで検索してみたら、残念ながらKindleでは取り扱っていませんでした;;

[太字]>蜷川先生[/太字]
確かに言いたいこと―――大事にしていることは同じでしょうね(__)

[太字]>歌詞[/太字]
ご明察です。

例によってamazarashiですが、『命にふさわしい』という曲です。これも大のお気に入り(^^)