コメント 0

→コメントへ移動

透明人間の骨 第九話 「夜明け前」 感想/文化祭。

0
[第九話]透明人間の骨
invisible9_1_c.jpg
163220170807.jpg

仲睦まじくて何よりですな~~~~(*´Д`)

二人とも全然着飾った態度をとらず、自然体で接している感じがいいですね~。

無理して付き合う友達ではなく、本当の友達というのが伝わります。

いやはや花ちゃんの笑顔を見ると、お父さんをグサッと一発かましてしまった暗黒時代が嘘のようだ。



invisible9_2_c.jpg

透明化してこっそり撮るつもりが、まさかの能力不発で皆にバレる\(^o^)/

正直姿が発覚しても別に問題ない状況だったからよかったものの、もしこれがストーカー男の部屋に入ったときに起きていたらと考えると・・・ゾッとしますね(;´・ω・)その片鱗はあったし。

透明化できなくなったのは、きっと必要がなくなったからですよね。

ここから消えたい、いなくなりたいと願うのは現状に不満があるからで、今の環境に幸せや満足を感じていれば、そんなことを希求する必要ないのは道理でしょう。

さてさて、九話にしてタイトルの前半部分とお別れしましたが、これからどうなるのか(`・ω・´)

まあ人生行ったり来たり、振り子のようにプラスとマイナスを揺れ動くので、これで完全に透明と縁が切れたとは考えにくいですよね。ひょんなことからまた「消えたい」と強く望む可能性も十分あり得る。

しかし明細表をもらった帰り道、どこかウキウキして落ち着かない気持ちになってる花ちゃん・買ったCDを家で聞いてうっとりする花ちゃん・同じクラスの子と初めて会話して緊張と同時に喜びを感じる花ちゃんなど、かつてと比べて随分表情豊かになった彼女を見ていると、このまま「生きててよかった」と感じられる人生を歩んでほしいですけどね~。

まあ人を殺した時点でそんな甘いエンディングは望むべくもないのがツライ(__)

相変わらず先の展開が気になる作品です。

お気軽にコメントをどうぞ

avatar
Photo and Image Files
 
 
Audio and Video Files